トイレやシンクの難しい水漏れ修理はプロに任せよう!

工具

洗面下からの水トラブルに

洗面台における水漏れのトラブルは、千葉でもほとんどの方が専門業者に依頼しています。排水管の水漏れ修理方法としては、洗面台と排水管の接続部分が原因ならゴムパッキンの交換をして完了です。排水管や接続部分の損傷は、生活用品をぶつけた時や経年劣化などもふくめて、部分的もしくはすべてを交換する作業になります。

お風呂場

水回りの修理

家庭の水漏れトラブルに対応している業者はたくさんあります。横浜にも水漏れ修理業者は数多くありますから、いつ水漏れが起きても対応できるように、いくつかの業者をあらかじめピックアップしておくと良いでしょう。

排水管の修理方法

修理業者

基本はプロに依頼する

台所やお風呂場などの流しの下にある配水管は水をスムーズに循環させる大切な役目を担っています。この配水管が破損すると水漏れを起こしてしまいます。配水管は消耗品ですので長期間利用し続けることで老朽化により腐食することから破損に繋がるのですが、その他には生活排水などによる配水管のつまり、気温の急激な変化、地震などの振動も破損の原因になります。腐食による破損となると、自分では手の施しようがないので業者に依頼して水漏れ修理して貰うしかありません。パイプ自体を交換することになるので修理代も少しかかりますが、水漏れを解消するためには交換するのが一番です。ところで水漏れ修理は業者に頼まなくても原因によっては自分で直すこともできます。例えば配水管の接続部分や継ぎ目の緩みから水漏れが起こるケースが多いのです。その場合は接続部のナットを工具で締めたり水漏れ防止用のシールを貼ることで水漏れ修理できます。配水管が壁や床に隠れた箇所にあると非常に大がかりになり面倒です。しかし、シンクの下にある収納部分など目の届きやすい箇所にあれば、水漏れの原因も解明しやすいでしょう。また自分で水漏れ修理できるようであれば、今後のためにもやっておくのをおすすめします。ただし自分で水漏れ修理を行う上で気を付けておかなければならないことがあります。アパートやマンションなどの集合住宅では管理費の中に不具合箇所の修繕費が含まれていますが、住人の手により生半可な修理を行い却って配水管の破損が酷くなることで保険が適用されなくなる可能性があるのです。ボルトを締めたりシールを貼るくらいなら問題ありませんが、保険が適用されるなら無理せずに住居の管理会社や大家さんへ速やかに連絡することが望ましいです。

蛇口

水道トラブルを早急に解決

札幌でも様々な水道トラブルが報告されていますが、特に多いトラブルに水漏れがあります。水漏れは部品の交換などで簡単に直ることもありますが、困難な場合は専門の業者に水漏れ修理を依頼することがおすすめです。水道トラブルは早急な解決を行いたいので夜間や休日にも対応してもらえるかも確認しておきましょう。